中山永次郎のこれまでの経歴・実績はどのようなものなのか

中山永次郎氏はホテル・旅館の再生請負人として有名ですが、如何にして今の地位にたどり着いたのでしょうか。
現在は、京都府にあるANAクラウンプラザホテルの代表取締役社長を務めており、ホテルの発展のために先導をきっています。日本国内にある多数のホテルはもちろんのこと、オフィスビル、リゾートゴルフ場などの幅広い施設を開業・開発に中山永次郎氏は責任者として携わってきました。これまでの事業プランや道筋を建ててきましたが、どれもこれも綿密に計算づくされたものばかりで関係者からも一目置かれる存在なのです。

中山永次郎氏はANAクラウンプラザホテル京都で代表取締役社長を務めていることの他にも、ホテル・旅館を再建するコンサルト業もおこなっているのですが、みなさんご存知でしょうか?数十年に及ぶホテル・旅館事業経営に携わってきた経験や知識をフルに活かすことで、破産寸前のホテル・旅館の危機を幾度となく救ってきました。その実績を活かし、貴重な時間をの中で自らセミナーを開催しているというのだから驚きです。
もちろん、危機に直面した旅館はホテルはそれぞれ理由があると思いますが、中山永次郎氏曰く、だいたいの場合共通する理由が存在するらしいのです。「つぶれてしまうホテル・旅館には共通の症状がある」この言葉は目から鱗だ、と経営するホテルに戻り思い当たる点を探し改善していくという方も多かったのだとか。

セミナーでは寂れたホテル旅館が再生を目指すための具体的な方法から、経営アドバイスまで丁寧に説明があるそうで、「世間一般のようなセミナーとは違うので驚いた」、「行ってみてよかった」と、参加者からは喜びの声が聞こえてきます。
ANAクラウンプラザホテルのような、大型ホテルチェーンを牽引し、ホテル業に長年携わってきた中山永次郎氏だからこそといえるでしょう。

そんな中山永次郎氏率いるANAクラウンプラザホテル京都の評判は、料理が美味しい、結婚式場が素晴らしい、等という声を中心に様々な意見があります。
1986年6月25日に開業されたANAクラウンプラザホテル京都ですが、これまでに多くのお客様に利用してもらい、年々経営スタッフも現場スタッフもサービスの向上が見られます。お部屋も多数種類があり、お客様それぞれに合った用意ができることが自慢だと聞きます。ANAクラウンプラザホテル京都を利用すれば、中山永次郎氏のこだわりを肌で感じることができ、京都の街を思い切り楽しめること間違いなしです。自慢の食事施設は鉄板焼「二条」、フランス料理「ローズルーム」、中国料理「花梨」、日本料理「雲海」、天ぷら「花門」、カフェレストラン「コージー」、ティー&カクテル「コトラウンジ」、バー「キャッスルゲート」と数多く用意しています。屋上階のキャッスルスイートルームと結婚式場は、あの世界で活躍する森田恭通氏がデザインを担当しています。その圧倒的なセンスに利用者は心を奪われ、贅沢なひと時を過ごすことができるでしょう。

そして中山永次郎氏の講演ではこのような言葉を残しています。“私淑した故・鈴木剛ホテルプラザ会長が、「ホテルは文化だ」と、おっしゃっていましたが、私も、今にしてつくづく、ホテルは総合芸術文化であると思っております。”
「ホテルは総合芸術文化」、その言葉は中山永次郎氏が発言するからこそ響くのだと感じます。いままでもこれからも中山永次郎氏が創ってきた・創りゆくホテルという総合芸術文化に益々期待するばかりです。
ホテル業に携わっている人たちは中山永次郎氏の背中を追っていくのでしょうか。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 社会・環境保全活動に取り組んでいる企業は数多くあります。このような活動は企業の経営の機動性や透明性、…
  2. デジタルデータソリューションの企業概要デジタルデータソリューションは、デジタルデータにまつわるサポー…
  3. 白石達也は映画が好きです。映画を観ることは語学知識も増え、感情を豊かにしてくれます。 彼とは、小学校…
ページ上部へ戻る