全力で動画を配信するマックスむらい

今は小学生でも、インターネットを使って動画を見る時代ですから、youtubeを見ている小学生も多いです。その小学生からも人気があるyoutuberがマックスむらいです。むらいさんはゲーム実況の第一人者として活躍している人で、アップバンクの役員をしています。むらいさんの動画投稿は2013年の10月から始まっているのですが、約3年間のうちにチャンネル登録者数が100万人を突破するほど子供から20代の若い世代や、大人まで人気がある素晴らしい人柄の「おじさん」です。

おじさんという言い方は決して悪い言い方ではありません。一生懸命にゲームをするおじさんは子供たちの憧れでもありヒーローでもあるのです。今となってはマックスむらいは、まさに人気動画投稿者となって、多くの人に愛されるゲーム実況者となりました。むらいさんが他の動画配信者と違うところは自宅で撮影しているのではなくて、むらいさんが経営している会社のオフィスで動画を撮影しているところです。これが人気の理由の一つとなっています。
これはただ何気なく会社で動画を配信しているのではなくて、マックスむらいがしっかり考えていることなのです。会社のオフィスで動画を撮影するということは、むらいさんと動画を見てくれる視聴者の距離を縮めてくれることにも繋がります。ですので、会社のスタッフが普通に仕事をしているところが映っても何ら問題ありません。他の動画投稿者であれば全く関係が無い人が動画に映ってしまったら、そのままでは動画を配信できなくなってしまいますが、むらいさんの動画はあえて会社で撮影することで普段のむらいさんの姿を見せ、演者と視聴者の距離をぐっと縮めているのです。

マックスむらいが素晴らしいところは常に全力で動画を配信しているところです。とにかく動画撮影をすることにはいつも全力なのです。一般的に人気がある動画配信者は1日に1本のペースで動画を配信していますが、むらいさんは1日に動画を何本も配信することで知られています。多いときは5本以上もの動画を配信しています。5本も配信するのは大変なのではないか?と視聴者の中には心配している人もいますが、無理はしていません。本数が多くても1本1本しっかりと高品質の動画を配信しているところが、他の動画配信者では決して真似をすることができない点であり、むらいさんが本当に全力で動画投稿に向き合っている証拠なのです。

現在では多くのyoutuberが動画を配信していますが、マックスむらいは動画配信を始めた当初から今でも変わらずに視聴者が何を求めているものを提供したいと考えてクオリティの高い動画を配信しています。その気持をずっと変えずにいるので、今でも熱心な視聴者が毎日のようにむらいさんの動画を楽しみにしているのです。本当に自分が好きなゲームをして、その動画を配信することで、多くの視聴者と時間を共有することは素晴らしいことだとむらいさんは語っています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 村上悦栄は、練馬区北町などを中心に活動している人物です。練馬区議会自由民主党の副幹事長を務めるなど、…
  2. 東堂一義が現在はまっているのがプラモデルとミニ四駆です。東堂一義が小学生のころに流行っており、男の子…
  3. 谷尾和昭はハーバード大学で科学の勉強に取り組んでいる日本人です。沖縄出身で、佐賀県の学校からハーバー…
ページ上部へ戻る